投稿日:

デリケートゾーンの臭いが嫌 正しいケアの方法とは?

デリケートゾーンの不快臭に悩んでいませんか?あそこの臭いが気になると何が困るとかと言うともしも彼氏と営みをする事になった時です。ここではいざ、その時が来てもあそこの臭いが気にならないようにケアについて知りましょう。

・デリケートゾーンの臭いが強くなる時

デリケートゾーンの臭いは日によってその強さに違いが出るのが普通です。特に性病などに感染していなくても体調が悪くなったりしたら、臭いが増す事があります。それにストレスを受けた時に膣の自浄作用が落ちると、衛生的な状態をキープできずに、臭いを出しやすくなります。

 
中でも特に気を付けたいのは急に不快臭が強くなった時です。抵抗があるかもしれませんが、直接触って臭いを確認すると分かりやすいです。そして大事な事は臭いが心配な時にはそれが治療の必要がある病気なのか、あるいはそうでないのかです。

 
急に臭いが酷くなったり、おりものの量が増えた時には病気の可能性が高まります。あそこの臭いの急激な変化はいくつかの病気の可能性が考えられます。細菌性膣炎やトリコモナス膣炎、子宮頸がん、淋病、子宮内膜症などです。
気になる人は病院で診てもらうようにするといいでしょう。

・デリケートゾーンを正しくケアする

デリケートゾーンケアには特別な事が必要なのでしょうか。膣はもともと自浄作用を持ちます。膣内にいる善玉菌のおかげで酸性に保たれています。その事で膣内を守っているのです。
ですから、体の他の部位よりは酸性が強いと言えます。

 

できればデリケートゾーン専用のソープで洗う事が望ましいでしょう。それから、デリケートゾーンは洗うのが大変な場所です。
ひだの間に垢が溜まりやすいですから、そこに住み着いている雑菌が臭いの元になる事もあります。したがってひだの間も綺麗に洗うようにします。洗い方としてはひだまで洗えばそれでいいでしょう。

 
粘膜まで洗う事はしないほうがいいです。膣の中には入らないようにしましょう。膣の中まで洗浄してしまうと、膣内の酸性が弱くなります。これでは自浄作用が落ちます。雑菌も繁殖しやすくなり余計に臭いを強めます。

 
それからビデを頻繁に使う事も控えた方がいいでしょう。ビデから出てくる水は中性です。これを毎日のように利用していると、膣内の酸度を落としてしまいます。あそこの臭いが気になり彼氏との営みに躊躇する人もいます。

 
しかし、病気でもない限りは多少の臭いがするのは普通の事です。でも、正しくケアすれば臭いは軽減されます。間違えのないデリケートゾーンのケアをするようにしましょう。

投稿日:

デリケートゾーンの黒ずみや臭い

デリケートゾーンでお悩みの方は結構いらっしゃいます。生理中のかゆみや、黒ずみやにおいについて悩みも多いでしょう。では、どんなことが影響してるでしょうか。

▽デリケートゾーンの黒ずみの原因

①デリケートゾーンの黒ずみの主な原因は下着の摩擦と刺激です。もちろん妊娠や出産、加齢によるものもありますが、肌の黒ずみはたいていが下着の摩擦や刺激によるものです。デリケートゾーンは常に下着の摩擦や刺激を受け続けています。

 

ゴムがきついものをつけていたりすると、赤くなったりかゆみが出た経験をお持ちの方は多いと思います。腰回りや足の付け根のゴムが当たる部分に黒ずみができている人は多いのではないでしょうか。

 

ゴムが締め付けている肌は、圧迫から肌を守ろうとして、外部から過度の刺激を受けていると感じて、肌を守ろうと防衛反応をしめします。そのため、黒ずみの原因となるメラニンが活発に生成されたことで、肌が赤くなって肌を守ろうとするのです。

 

その結果、自分では何もしていないはずなのに、下着からの刺激と摩擦によって、肌のメラニン生成が活発になって、肌の新陳代謝が狂い始めます。それが、デリケートゾーンの原因と言えるでしょう。

 

②妊娠出産の肌の黒ずみは、肌の防衛反応
妊娠するとデリケートゾーンやほかの部分も黒ずんでくることがあります。これは、母体が出産に備えて肌を守るためにメラニン生成が活発になることが黒ずみの原因となります。産後は、新陳代謝ももとにもだおって、だんだん薄くなってきますが、デリケートゾーンは、出産のために多くのダメージを受けているために、薄くなりにくく、軽度の色素沈着が残ってしまいます。

 

③30代を超えると代謝が衰えて肌は黒ずみやすくなります

 
加齢によって新陳代謝も悪くなっていきます。通常の肌は28周期で生まれ変わるのですが、30代を超えたぐらいから、遅れ始めます。50代になると、2から3週間は遅れるようになってきます。

▽デリケートゾーンの黒ずみや臭い対策

デリケートゾーンの黒ずみや臭いは、日ごろから下着からの刺激や摩擦から肌を守ることが大切です。臭いが気になるからと言って、石?で洗いすぎが臭いの原因になります。常在菌を殺菌してしまうので石鹸で洗わずに、ケアしていくことが大切です。

 

デリケートゾーンを洗うときはお湯で洗い流す程度で大丈夫です。石鹸を使いたいならば、弱酸性の石鹸をよく泡立ててから優しく洗いましょう。

投稿日:

デリケートゾーンの匂い・かゆみの悩み

30代女性です。2年くらい前からデリケートゾーンのかゆみについて悩んでいます。最初は生理時のナプキンによるむれやこすれなのかなと思う程度でしたが、気付いた時には生理時の以外にもほぼ毎日痒みが出るようになっていました。

 
それからは市販薬でなんとか凌いできましたが、デリケートゾーンの一部だけが異様に痒い、仕事中などもつい気になって触るようになった、掻きすぎてにおいや黒ずみが気になりだしたなど生活にも支障が出るようになってきたので、色々ネット検索したところ色んな病気の疑いも書いてあったのでさすがに怖くなって婦人科を受診しました。

 
自分としては性交渉はありましたが痒みが出るより前から付き合っている人で、その方以外とはなかったので病気の心配はあまりしていませんでしたが他に痒みの原因が全くわからなくて仕方なく受診したという形でした。婦人科では市販薬を使っているときちんと検査結果は出ないと言われましたが受診の1週間前からは使用していないことを伝えるとそれなら信用性のある結果がでるとのことでした。結果はもちろん陰性でした。医師からも何か思い当たることある?と聞かれましたが自分としてはありませんと答えました。

 

痒みの出る部分も感染症などで出る部分とは違うとのことで、簡単なかゆみ止めが処方されて様子をみることになりました。看護師さんからは下着の生地でも合わないものがありますよとアドバイスをいただいたのでそれからは下着の生地も綿が多いものなど勧められたものを使用するようにしました。

 
薬は約1ヶ月ぐらいで無くなってしまいました。塗っていた間は痒みもなく過ごせたのでとてま安心していたのですがやめた途端に痒みはまた強くなってまた市販薬を使用するようになりました。下着も少しは関係あったかな?と感じる程度で、はっきりと原因と言い切れなかったのであめり信用はしていません。

 

検査で結果が出なかったのにまた病院へ行くのもなんだか恥ずかしいし、それで同じ薬が出るなら簡単な市販薬でも治まるのでこのままでもいいのかなと考えていますが、仕事やデートの時に塗りに行くのもなんだか嫌なのでできればなんとかしたいと思っていますがこれ以上どうしたらいいのか正直わからず、悩んでいます。

 
また、痒みが出るとつい寝ながらなど掻いてしまうのでそのことで黒ずみやにおいがつよくなることがとても不安です。実際掻いたあとはとても匂うような気もします。デリケートゾーン専用のソープを使うことも考えましたが効果がいまいち信用できず使用開始できていません。日常生活でも気になる場面が多いので早めになんとかしたいと思っています。