投稿日:

デリケートゾーンの黒ずみや臭い

デリケートゾーンでお悩みの方は結構いらっしゃいます。生理中のかゆみや、黒ずみやにおいについて悩みも多いでしょう。では、どんなことが影響してるでしょうか。

▽デリケートゾーンの黒ずみの原因

①デリケートゾーンの黒ずみの主な原因は下着の摩擦と刺激です。もちろん妊娠や出産、加齢によるものもありますが、肌の黒ずみはたいていが下着の摩擦や刺激によるものです。デリケートゾーンは常に下着の摩擦や刺激を受け続けています。

 

ゴムがきついものをつけていたりすると、赤くなったりかゆみが出た経験をお持ちの方は多いと思います。腰回りや足の付け根のゴムが当たる部分に黒ずみができている人は多いのではないでしょうか。

 

ゴムが締め付けている肌は、圧迫から肌を守ろうとして、外部から過度の刺激を受けていると感じて、肌を守ろうと防衛反応をしめします。そのため、黒ずみの原因となるメラニンが活発に生成されたことで、肌が赤くなって肌を守ろうとするのです。

 

その結果、自分では何もしていないはずなのに、下着からの刺激と摩擦によって、肌のメラニン生成が活発になって、肌の新陳代謝が狂い始めます。それが、デリケートゾーンの原因と言えるでしょう。

 

②妊娠出産の肌の黒ずみは、肌の防衛反応
妊娠するとデリケートゾーンやほかの部分も黒ずんでくることがあります。これは、母体が出産に備えて肌を守るためにメラニン生成が活発になることが黒ずみの原因となります。産後は、新陳代謝ももとにもだおって、だんだん薄くなってきますが、デリケートゾーンは、出産のために多くのダメージを受けているために、薄くなりにくく、軽度の色素沈着が残ってしまいます。

 

③30代を超えると代謝が衰えて肌は黒ずみやすくなります

 
加齢によって新陳代謝も悪くなっていきます。通常の肌は28周期で生まれ変わるのですが、30代を超えたぐらいから、遅れ始めます。50代になると、2から3週間は遅れるようになってきます。

▽デリケートゾーンの黒ずみや臭い対策

デリケートゾーンの黒ずみや臭いは、日ごろから下着からの刺激や摩擦から肌を守ることが大切です。臭いが気になるからと言って、石?で洗いすぎが臭いの原因になります。常在菌を殺菌してしまうので石鹸で洗わずに、ケアしていくことが大切です。

 

デリケートゾーンを洗うときはお湯で洗い流す程度で大丈夫です。石鹸を使いたいならば、弱酸性の石鹸をよく泡立ててから優しく洗いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です