投稿日:

デリケートゾーンの臭いが嫌 正しいケアの方法とは?

デリケートゾーンの不快臭に悩んでいませんか?あそこの臭いが気になると何が困るとかと言うともしも彼氏と営みをする事になった時です。ここではいざ、その時が来てもあそこの臭いが気にならないようにケアについて知りましょう。

・デリケートゾーンの臭いが強くなる時

デリケートゾーンの臭いは日によってその強さに違いが出るのが普通です。特に性病などに感染していなくても体調が悪くなったりしたら、臭いが増す事があります。それにストレスを受けた時に膣の自浄作用が落ちると、衛生的な状態をキープできずに、臭いを出しやすくなります。

 
中でも特に気を付けたいのは急に不快臭が強くなった時です。抵抗があるかもしれませんが、直接触って臭いを確認すると分かりやすいです。そして大事な事は臭いが心配な時にはそれが治療の必要がある病気なのか、あるいはそうでないのかです。

 
急に臭いが酷くなったり、おりものの量が増えた時には病気の可能性が高まります。あそこの臭いの急激な変化はいくつかの病気の可能性が考えられます。細菌性膣炎やトリコモナス膣炎、子宮頸がん、淋病、子宮内膜症などです。
気になる人は病院で診てもらうようにするといいでしょう。

・デリケートゾーンを正しくケアする

デリケートゾーンケアには特別な事が必要なのでしょうか。膣はもともと自浄作用を持ちます。膣内にいる善玉菌のおかげで酸性に保たれています。その事で膣内を守っているのです。
ですから、体の他の部位よりは酸性が強いと言えます。

 

できればデリケートゾーン専用のソープで洗う事が望ましいでしょう。それから、デリケートゾーンは洗うのが大変な場所です。
ひだの間に垢が溜まりやすいですから、そこに住み着いている雑菌が臭いの元になる事もあります。したがってひだの間も綺麗に洗うようにします。洗い方としてはひだまで洗えばそれでいいでしょう。

 
粘膜まで洗う事はしないほうがいいです。膣の中には入らないようにしましょう。膣の中まで洗浄してしまうと、膣内の酸性が弱くなります。これでは自浄作用が落ちます。雑菌も繁殖しやすくなり余計に臭いを強めます。

 
それからビデを頻繁に使う事も控えた方がいいでしょう。ビデから出てくる水は中性です。これを毎日のように利用していると、膣内の酸度を落としてしまいます。あそこの臭いが気になり彼氏との営みに躊躇する人もいます。

 
しかし、病気でもない限りは多少の臭いがするのは普通の事です。でも、正しくケアすれば臭いは軽減されます。間違えのないデリケートゾーンのケアをするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です